マークシート式試験におすすめの鉛筆

マークシートに最適な鉛筆

マークシート試験は大学入試・高校入試・中学入試などであったり、司法試験、行政書士試験、社労士試験など様々な資格試験で採用されており、誰もが体験する試験形式だと思います。私も入試や、様々な資格試験でマークシートを体験してきましたので、これまでの経験からマークシート試験におすすめの鉛筆を紹介したいと思います。

受験中に不要なストレスを感じ、集中を切らしてしまうなんてことを起こさないようにためにも、マークシート用鉛筆にはこだわりましょう。

マークシートでは鉛筆を使うべき?

まずは、そもそもマークシート試験で鉛筆は必要なのでしょうか。今では、普段ノートを書くときにはシャーペンやボールペンを使用される方がほとんどだと思います。

経験上、シャープペンは通常の0.5mmのものはもちろんとして、マークシート用でも比較的芯が細く感じますし、芯の残りが目に見えなかったり、芯が詰まるおそれがあるなどデメリットを感じます。やはり、時間をかけずに安心してマークを塗りつぶせるのは鉛筆ですので、そもそもマークシート試験には鉛筆を使うべきです。

また、機械は炭素に反応して採点しているのですが、シャープペンシルと鉛筆の芯の成分は異なります。シャープペンシルの芯にも鉛筆の芯と同じ様に黒鉛が含まれていますが、細いシャーペンの芯で折れずに、しっかりと書くために、黒鉛以外の成分も多く入っていて色は黒くても、黒鉛の成分は薄い場合もありますので注意が必要です。この点も含めて、やはりマークシートは鉛筆で塗るべきです。

シャープペンシルを使用してマークした場合には,解答が読み取れないことがありますので,使用しないでください。ただし,メモや計算に限ってはシャープペンシル(黒い芯に限る。)を使用しても差し支えありません。

大学入試センター

鉛筆の濃さはH?F?HB?B?

基本的にマーク試験では鉛筆の濃さが指定されており、一般的にはH、F、HBまたはBの鉛筆となっています。大学入試センターでは、H、F、HBの鉛筆、TOEICや司法書士試験であればHBのみ、司法試験や行政書士試験ではHB、Bの鉛筆が利用できることになっています。では、鉛筆の濃さはどれを選ぶのがよいのでしょうか。

鉛筆の濃さはHはハードのH、BはブラックのBで、Bの方が黒鉛が多く黒が濃く、Hの方が黒鉛が薄い代わりに芯が固くなります。

マークシートは目で見える黒さではなく、黒鉛の濃度でマークを判別しているため2Hや3Hなど薄すぎる鉛筆だとマークを認識できないことがあります。それよりも濃いHやFであれば通常認識されますが、芯が固く、マークした部分に窪みが出来て跡が残ってしまうため、エラーの原因になることがあります。

また、2BやBの鉛筆ですと、黒鉛が濃すぎることで消しきれずに残ってしまうことがあり、複数マークの認識がされてしまう恐れがあります。

そのため、鉛筆の濃さはHBがおすすめです。上で例に挙げたテストでもすべてHBであれば対応できるので、その点でもHBの鉛筆が最適でしょう。

鉛筆の軸は三角軸!?

鉛筆の軸には、丸軸、六角軸、五角軸、四角軸、三角軸などさまざまなものがありますが、どれが最適なのでしょうか。

丸軸鉛筆は転がっていってしまうため、試験には不向きです。また、方向を変えて書けることは芯をとがらせるためには有効ですが、マークシートでは逆にデメリットになってしまいます。そのため、丸軸鉛筆は不採用です。

六角軸の鉛筆は一番スタンダードで、書きやすさには問題ありません。ただ、六角鉛筆は丸軸鉛筆程ではありませんが、転がりやすくテスト会場によっては使いづらい場合もありますので避けた方がいいと考えています。

五角軸の鉛筆は、「ごかく」→「ごうかく」の縁起担ぎで神社など様々な場で販売されていますが、濃さが明記されていないこともありますし、中の芯の質に不安が残ります。そもそも五角軸の鉛筆があまり販売されていないのは書きやすさで劣るからで、実際に使っていると指が痛くなったり、指が疲れてきます。お守り代わりに持っていく程度にして、実際のマークは他の鉛筆を利用しましょう。

四角軸はあまりみないと思いますが、五角軸と同様書きにくいので不採用です。

三角軸はまず転がることがほとんどなく安定しており、まず安心できます。三角軸の鉛筆はかきかた鉛筆で広く使われている形状なだけあって、書きやすさも問題ありませんし、むしろ六角軸より手に収まる安定感があり書きやすいです。

また、太軸の方が疲れにくいので、なるべく太軸の鉛筆を利用しましょう。

【結論】おすすめの鉛筆、レビュー

以上のことから、マークシートにはHBの太くて三角軸の鉛筆がおすすめですが、実際にどの鉛筆がおすすめかを紹介します。

おすすめはステッドラーの三角鉛筆で、これは3本の指が最も無理のない位置に来るよう設計されている鉛筆で、太軸なこともあって長時間のマークでも疲れにくいです。

私も、行政書士試験やセンター試験、TOEICなど、この鉛筆でテストを受けました。実際に転がることもなく、手に余計な負担もなく試験に集中することが出来ました。この鉛筆を使って頂き、皆様のテストが上手くいくことを祈っています。